先輩たちの声を聞いてみよう!

先輩からのメッセージ 弓道初心者 伊藤 伸幸(神戸商業高校出身)弓道経験者 春木 かなえ(東洋大姫路高校出身)
伊藤 伸幸経営学部4年(神戸商業高校出身)弓道初心者入学した時は弓道部に入るとは思っていませんでした。

大学入学当初は、適当にサークルに入って4年間楽しめたらいいなくらいに思っていました。
いろいろな新歓イベントを回っていた時に、同じ高校の友達が弓道部の花見に行こうと言い出して一緒に行くことになりました。
体育会は考えてもいなかったのですが、先輩がとても面白い方々だったので次にも参加し、試射会がとても楽しくて入部を考え始めました。

入部の決め手になったのは、初心者から日本一になった先輩がいるという話を聞いたからです。


社会に出てからも活きる経験

実際に入部して感じたことは、弓道部員はオンとオフの切り替えがしっかりしているということです。
さっきまですごく怒っていた先輩が、練習が終わると笑顔でご飯に連れて行ってくれたり、練習が始まるまで面白いことを言っていた先輩が練習中は真剣な顔で弓を引いていたり...。まるで別人のようだなと最初は驚きました(笑)
オンオフの切り替えは仕事でも大切なことで、弓道部では礼儀作法や正しい姿勢など社会に出てからも必要なことがしっかりと学べると思います。


初心者や経験者関係なく、まずは見学からでいいので来てほしいです。

初心者であっても練習を重ねることで上達して試合に出ることができます。
僕は漠然と「日本一」になりたいと思っていました。
でも道場で的に向かって弓を引けたのは、同級生の中でも遅い方でした。12月に1年生の初心者ばかりで試合にデビューし、その後経験者とも一緒に出場できてとてもうれしかったです。2年生の新人戦では公式戦に初出場し、秋には関西1部リーグ戦のレギュラーとして1回戦から出場できました。

女子はリーグ戦で準優勝でしたが、男子は3位でした。僕の気持ちとしては、自分も結果を出せていないことがくやしく、まだまだ負けていられないと思うのでもっと頑張りたいです。
日本一を目指して一緒に成長できる後輩のみなさんを歓迎します。一緒にがんばりましょう!!


まずはこちらから見学ご希望日時をご連絡ください。部員一同、お待ちしてます!お気軽にどうぞ!